«  2015年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月14日


 「いただきます」。この言葉は、神様にお供えした食べ物などを御下がりでもらう時や、位の高い人から物を受け取る時に手を頭の上に掲げたことから、「食べる」「もらう」の謙譲語として「いただく」が使用されるようになったことが、語源としてあるようです。やがて、食前の挨拶として定着したそうです。
 食事を始める際の「いただきます」には二つの感謝が込められているそうです。
 一つは、食材への感謝です。肉や魚はもちろんのこと、野菜や果実にも命があると考え、「わたくしの為にそのお命頂戴いたします」と畏敬(いけい)の念を表しています。
 もう一つは、食事に携わった人たちへの感謝です。料理を作った人、配膳をした人、野菜を育てた人、魚を釣った人など、食材は様々な人の手を経て私たちの口に入ります。人が食べられるのは、多くの多くの人のおかげという謙虚な気持ちが込められているのでしょう。
 古来の日本人の心の中には、万物に対する敬意の念があったようです。

 「ごちそうさまでした」。「ごちそうさま」は漢字では「御馳走様」と書きます。
 昔は今のように冷蔵庫もスーパーもない時代で、食材を取りそろえることは大変なことでした。
 「馳走」は、走り回るという意味で、食事を出すために、奔走(ほんそう)する様子を表現しています。後に、丁寧語の「御」を付け、「御馳走」をもてなすという意味が含まれるようになり、贅沢な料理を指すようになったといわれています。
 そしていろいろな料理でもてなしてくれる相手に尊敬の気持ちを込めて「様」が付き、食後の挨拶として、「ごちそうさまでした」と言うようになったとされます。
 外国では、日本語の「いただきます」や「ごちそうさま」を意味する言葉はあまり見られないようです。「アーメン」など、食事の前に噛みに祈る言葉はありますが、特に何も言わない国も多いようです。
 「いただきます」や「ごちそうさまでした」は、古来の日本人が育んだ自然観や人と人とのつながりを重んじた社会観の現れかもしれません。

2015年8月14日


 むし歯予防に使われるフッ化物。家庭用の歯磨剤にも多くの商品に添加されています。
歯科医院では、定期検診や歯のケアの際に歯面に塗布します。歯科医院で使われるフッ化物と家庭用のフッ化物に違いはあるのでしょうか?

 歯科医院と家庭用の違いは濃度にあります。
 市販の歯磨剤に含まれるフッ化物濃度は、1%までと法律で上限が定められています。
 一方で、歯科医院で塗布するフッ化物は歯科医院や歯科衛生士の管理のもとで塗布するため、濃度の高いものを使用することができます。
 濃度が違えばむし歯予防に対する効果も違います。
 フッ化物のむし歯予防をおさらいすると、

① 再石灰化促進:むし歯原因菌の出す酸の作用で歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着を促進します。

② 歯質強化:歯の表面のエナメル質を強くして、酸に溶けにくい歯にします。

③ 最近の酸性生抑制:歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)中のむし歯原因菌の動きを弱め、酸がつくられるのを抑えます。
 特に濃度の高いフッ化物は、歯質強化に有効とされています。

 定期的に歯科医院でフッ化物の塗布をすることで強い歯を作ることができます。毎日のブラッシングに加え、家庭ではフッ化物配合の歯磨剤を使って虫歯になりにくいお口の中の状態を保つことが大切ですね。

2015年7月10日

 
 食欲の落ちる夏、おいしい食事は何よりの楽しみです。今回は「うま味」と胃の働きの話題を紹介します。食べ物の味を感じる味覚は、5つの基本味=苦み、酸味、甘味、塩味、うま味=で成り立っています。苦みと酸味は毒物や腐敗物を避けるためで、甘味は糖、塩味はミネラル、「うま味」はアミノ酸をそれぞれ接種するためのシグナルと考えられています。

 代表的な「うま味」の種類として、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸などが良く知られています。これらのうま味物質はさまざまな食品に含まれており、グルタミン酸は昆布や野菜などに、イノシン酸は魚や肉類に、グアニル酸はきのこ類に多く含まれています。

 実は、「うま味」を発見したのは日本人科学者です。今から約100年前、東京帝国大学(現東京大学)の池田菊苗教授は、「甘酸塩苦」の4つの基本味とは明らかに異なる味があると考えました。昆布の研究からたんぱく質を構成する20種類のアミノ酸の中の一つグルタミン酸を発見し、「うま味」と名付けました。
 2000年には舌の味蕾(みらい)にある感覚細胞にグルタミン酸受容体が発見され、現在では「うま味」は「umami」として世界中に認められています。

 この「うま味」という基本味は、胃でも認識されるそうです。うま味物質の素となるグルタミン酸は胃の消化をコントロールする神経を直接活性化させるというのです。
 つまり、「うま味」が胃袋に入ると、消化吸収を調整するのに一役買っていたのです。
 実験では、胃もたれを起こしやすい高タンパク流動食にグルタミン酸ナトリウムを添加すると、胃からの排出が改善され腹部の膨張感などの食後感覚が改善したそうです。

 このように、「うま味」は下の感覚器でキャッチされ、食物の摂食を促すばかりでなく、消化器官にも刺激を与えて食物の消化・吸収にまで関係しているのです。
 美味いだけじゃない「うま味」の力に驚かされます。

2015年6月 4日

 小児の矯正治療は、不正な歯列を早期に正常な歯列発育に誘導することを目的として行っています。適切な時期に治療介入を施す事ができれば、患者さんに抜歯などの大きな負担をかけないで正常にきれいな口元に育成する事が可能になります。

 例えば受け口の治療についてですが、三歳児くらいの乳歯列期に介入できればムーシールドなどの簡単な装置で治療ができますが中学生になるまで放置した場合は外科手術まで考えなければ治療困難になってしまった症例があります。その時は、大学病院に紹介する事になります。
とても残念に思う時です。
 乳歯列から永久歯列にまで変化する時期は、顎顔面が著しく成長する時であり、成長を利用して上下の顎のずれを改善できる有効な時期になります。
 極端な出っ歯の症例でも、治療介入時に、乳歯がしっかり残っている症例なら正常に戻すことも可能になります。永久歯列期まで放置されると、やはり外科的矯正になり紹介します。
 
 
治療相談でよく保護者の方から聞かされる苦情?は、
  
  ・以前歯科を受診した時には不正咬合に対してアドバイスがなく、不安になって受診
   した
  ・かかりつけの医院では、永久歯になるまで待ちましょうと言われていた
  ・保護者の方が気になって相談したけど、様子を見ましょうと放置してしまった
 
など、もう少し早く相談してくれていたらと思う症例が多くあります。不正なまま放置してから治療すると、子供さんの負担も費用も大きくなるようです。
 子供さんの歯に異常を感じた時は早めの相談をお勧めします。

2015年5月12日


 子どもの「歯」はお母さんのお腹の中にいる胎児の頃からすでに、準備・成長し始めています。
なんと、生まれてからは乳児の頃から乳歯だけでなく、永久歯も準備・成長していることをご存知でしょうか。
 乳歯は生後6か月頃から生え始めます。この時、生え始めた乳歯の奥では永久歯の準備が始まっているのです。
 顎の中では、長い時間をかけて乳歯と永久歯が成長していきます。
離乳食が始まるころから、次に生えてくる永久歯のことも考えて、バランスの良い食事を心がけたいものですね。
 特に歯の外側のエナメル質が作られるとき(石灰化の時期)には、カルシウムやリン、ビタミンDを必要としますので、牛乳や小魚、豆類(豆腐・納豆)、小松菜、ひじき・シイタケ等を離乳食のメニューに取り入れて、丈夫な歯づくりをしましょう。
 丈夫な乳歯をつくることが、丈夫な永久歯につながっているともいえます。
もちろん、生えてからのケアも欠かせません。乳歯をむし歯にしないように、砂糖を控えた食事とおやつで子どもたちの歯を守りましょう。

2015年4月18日

最近よくお問い合わせを受ける中にムーシールドについての治療があります。

ムーシールドは乳歯列で上下の被蓋が逆になっている反対咬合(いわゆる受け口)
に適応される装置になります。
ムーシールドは口唇の力を利用する装置なので、本人のやる気や家族のサポートが成否に影響します。

装着開始1ヵ月で効果がでて来て、3カ月くらいで改善する場合が多いのですが、
本人任せにしていて、3カ月たっても効果がなく、その後家族のサポートができて改善した例や、他の装置に替えた例もあります。

要するに、どれだけ装着時間を長くとれるかでムーシールドの効果が決定します。
治療開始時に本人の努力と保護者のサポートが得られるなら、安心してお勧めします。

2015年3月24日

 日本人では10人目の宇宙飛行士として油井亀美也さんが5月から、ロシアの宇宙船「ソユーズ」で国際宇宙ステーションへ向かいます。
 油井宇宙飛行士は半年間にわたって、国際宇宙ステーションに滞在します。日本の実験棟「きぼう」を始めとした、無重力環境で科学実験にも参加をするそうです。
 さて、「むし歯」があると宇宙飛行士にはなれないと言われていますが、本当なのでしょうか?実は本当です。

 宇宙で歯が痛くなる理由として、歯の内部と外部の気圧差によって神経を刺激するためと言われています。宇宙服の中は1気圧より低い0.3気圧に保たれています。それに伴い空気の体積は3.33倍に膨張します。このときに、むし歯治療が不完全で歯と詰め物の間に空洞があると、空気が膨張し、歯の神経を圧迫し、激痛を起こすとされています。
 宇宙に歯科医院はありません。歯が痛くなったからといって「地球に降ります」というわけにはいきません。
 もしも、宇宙で歯が痛くなったら、まず痛み止めの薬を飲み、どうしてもそれで痛みを抑えることができない場合には、フライトサージャン(医師)の指導の下、ほかの宇宙飛行士が歯を抜くこともあるそうです。
 国際宇宙ステーションの船長を務めた宇宙飛行士の若田光一さんは著書の中で、「歯を抜く訓練は、地上にて受けている」 (『宇宙飛行』 若田光一著より) と記しています。もし、無重力の状態で歯を削るような治療をしたら、水分や削った粉が飛び散ってしまい大変でしょう。
 宇宙でも飛行士は食事の後に歯を磨きますが、無重力状態では、体を固定しなければ、回転してしまい歯を磨けません。うがいをする時も水を吐き出すと水滴になって浮遊してしまうため、そのまま飲み込んだり、タオルに吸収させたりします。
 宇宙では歯の健康を守るのにも一苦労ですね。

2015年2月28日


 患者さんから「歯磨き剤を使いすぎると研磨剤で歯を痛めるときいたのですが、1日に3回使ってもいいですか?」と尋ねられました。
もちろん、3回磨く場合でも毎回使用しても問題ありません。
歯磨き剤には研磨剤としてリン酸水素カルシウムやシリカなどの成分が含まれています。これらの研磨剤が歯に沈着したお茶やコーヒー、ワイン、たばこのヤニなどの色素を除去してくれます。
歯磨き剤を使用するときの注意点が2つあります。
 
 ①適量を使用する事。目安は、歯ブラシの植毛部の1/3以下(小豆一粒大)
 ②ブラッシング時に強い力でゴシゴシ磨かないこと。

歯科医師から歯のエナメル質が摩擦気味と指摘された方などは、3回に1回は研磨剤なしのものを使用するなど、使い分けるのもいいかもしれませんね。
一方で、歯磨き剤に含まれている清涼剤・香味剤は、充分に磨けていなくてもお口がさっぱりしたような気にさせてくれます。磨き残しの無いよう、丁寧なブラッシングが大切です。
メーカーからは、研磨剤や発泡剤を抜いたものなど、歯の特徴に応じた様々な種類が発売されています。ご自身に合ったものを探してみてはいかがでしょう。

2015年1月13日

生後5,6か月頃になって、赤ちゃんに白い歯が生えて来たときはうれしいものです。
3歳ごろには乳歯が20本生え揃います。乳歯でも永久歯でも生えかけの頃は、歯の表面のエナメル質が強化されていないため、虫歯にかかりやすい時期です。
大切な歯を虫歯にかからないようにするには、
 ①甘いおやつに気を付ける
 ②歯磨きをする
 ③フッ化物を利用する
この3点が大切です。

今回は家庭でできるフッ化物の利用についてお話します。
乳児から1歳6か月児の頃は歯医者さんでのフッ化物塗布は泣いて嫌がったり、口をあけてくれなかったりする場合が多く、歯科医院での処置が難しいことも少なくありません。
こんな時、セルフケアタイプの噴霧型フッ化物製剤がおすすめ。
歯磨き後、歯面に直接吹き付けるか、歯ブラシやガーゼに塗布して使用します。
万が一、唾液と一緒に飲み込んでも低濃度であるため、人体に影響はないので安心です。

2014年12月11日


 口の乾きが気になる患者さんで、歯とともに口の変化を感じるようになったという方は比較的多いのではないでしょうか。特に女性にはこうした訴えをする方が多くおられます。閉経前後ではホルモンバランスが変わることに加えて、個人差はありますが、女性の唾液腺は男性のそれと比べていくらか小さいことも影響しているのかもしれません。
 それに加えて、知らず知らずのうちに若い頃のようには口の周りの筋肉を動かさなくなっていて(しっかり噛まないなど)唾液腺に加わる刺激が減っていたり、持病の薬の副作用で唾液腺の分泌が抑制されたり、口呼吸の癖があったりなど、いくつもの原因が重なると、口がパサパサしてお困りになる症状がより出やすくなります。
 ただ、口が乾くという症状はこうした加齢や生活習慣、薬の副作用などの一般的にありがちな原因によるものだけでなく、全身疾患、また唾液腺の障害を原因とするなど、さまざまなものがあります。口が乾いてお困りの場合は、我慢をしすぎず、まずは歯科医院で唾液量の検査を受けて相談をし、なかなか改善しない場合は専門外来を紹介してもらって、なんらかの病気が隠れていないかを念のためによく調べてもらいましょう。
 唾液で粘膜が潤されるおかげで噛んだり喋ったりがスムーズにできます。食べ物が湿るおかげで食べ物が噛みやすく飲み込みやすくなり食物の味もおいしく感じることができます。
 また唾液の抗菌物質は虫歯や歯周病から守る大切な働きがあります。

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

医療法人仁泉会 近藤歯科医院 院長:近藤保麿
医療法人仁泉会
近藤歯科医院

院長:近藤保麿

出身大学:大阪歯科大学