2013年4月23日 « トップへ

2013年4月26日

最新歯科用CTを導入しました

歯科用CTでお口の中を立体的に確認できます!
当院では、精密検査機器として「歯科用CT」を導入。3次元撮影を行うことで、通常のレントゲンでは、見抜くことのできなかった、骨の状態や歯の細かな情報などを把握できるようになりました。これにより、より正確な診断・治療ができます。

デジタルレントゲン

実は大阪でも歯科専用CTを導入している歯科医院はほとんどありません。これは歯科用CTを導入するためには、非常に高額な設備投資が必要、というのが大きな理由のようです。CTの導入は患者さまへのメリットが大きいと考え、導入をいたしました。

歯科用CTのメリットについて

お口の中を立体的に確認できる
特にインプラントなどは、確実に患者さまの状況を的確に診断しなくてはなりません。そのため、安心安全な治療を行うためには、CTは必須となるのです。

他の医療施設に行く必要がない
CTが無いということは、高度な治療を受けるために他施設で受診しなくてはいけません。高額な撮影費用、時間が必要毎に発生してしまいます。

場合によっては、術中も撮影ができる
ケースにもよりますが、院内にCTがあれば術中にもCT撮影を行い、随時お口の状態のチェックが可能です。

歯科用CTが活躍する治療について

インプラント治療とCT
インプラント治療ではCT画像の撮影により、インプラントを入れる部分の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)が正確に確実な診断ができます。歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。

インプラント治療について

歯周病治療とCT
歯周病は、細菌によって歯を支える骨が破壊される病気であるため、骨の破壊の程度などをよりリアルに見て判断することができます。

歯周病治療について

根管治療とCT
歯の根っこの病巣の発見や、治療後の状態などかなり正確に把握できます。根の病気の完治を目指しやすくなります。

根管治療について


2013年4月23日 « トップへ


コールバック予約

PAGE TOP