トップへ » 院長紹介・経歴 » 基本、歯は抜かない、残す

基本、歯は抜かない、残す

院長あいさつMI治療(ミニマル・インターベンション)ってよく言われてるのですが、できるだけ「低侵襲」の治療を目指しています。要はできるだけ、削らず・抜かず、残すという考え方ですね。

というのも、昔は虫歯があったら金属をかぶせました。その中で、虫歯以外に金属が詰めやすいよう、それに合わせて大きく削ってしまうということがありました。

しかし、歯は一度削ると元に戻ることはありません。ですので、できるだけ削らないような治療が最近では主流となっています。

たとえば、最近では白いプラスチックの歯がかなり進化しています。また、昔は削ったけど、今は削らなくても大丈夫という歯もあります。ですので、当院でもそうした考えに乗っ取った治療を行なっております。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 基本、歯は抜かない、残す


コールバック予約

PAGE TOP