トップへ » 当院の治療方針 » 保険診療と自費診療

保険診療と自費診療

保険診療と自費診療病院の医療と同じように、歯科治療にも

●健康保険の適用となる保険診療
●保険適用外の自費診療

の2種類があります。

保険診療は国の定めた社会保険の規定内の材質・治療手法を使用した治療のことであり、自費診療とはその他の全ての治療のこととなります。保険診療でももちろん、歯の噛むという本来の機能は復元できるのですが、現在のところ、最新の技術・材料を使用した治療は自費診療となります。

銀歯による虫歯治療などの一般的な歯科治療は、保険診療が適用されるものとなります。セラミック素材を使った審美治療や、歯を白くするホワイトニングは、保険診療以外の治療となり、保険診療に比べると治療費が高くなるといえます。

また金属アレルギーや矯正、インプラントなどの対応は残念ながら保険内治療と認められていません。なぜかというと健康保険は命に関わる病気に適応され必要最低限のことしかできないように規定されているからです。

治療費だけを見た場合、保険診療の方に魅力を感じられる方も多いかと思いますが、見た目の美しさや、治療の維持期間などを考えた場合、自費診療のほうがメリットのある場合には、ぜひご検討いただければと思います。

<自費治療を行っている治療>
審美歯科
ホワイトニング
インプラント
唾液検査
矯正


トップへ » 当院の治療方針 » 保険診療と自費診療


コールバック予約

PAGE TOP