トップへ » 当院の治療方針 » 根管治療(神経の治療) » 歯科用CT×マイクロスコープを使った高度な根管治療

歯科用CT×マイクロスコープを使った高度な根管治療

根管治療を成功させるために必要なのは、ミクロン単位の高度な歯科技術。 一般的な歯科治療よりも、ずっと細かな作業が必要です。

デンタルドック歯科用CTを使えば、
歯の根の状態を正確に知ることができます

従来のレントゲンでは発見できなかった、歯の根っこの問題点の発見や、状態などを正確に把握できます。歯科用CT画像を使った正確な診断によって、根の病気の完治を目指しやすくなるのです。

ちなみに、日本に於けるその普及率はまだまだ低いのが現状です。しかしながら、当院では患者さまのメリットが高いと考え、導入をいたしました。

根管治療マイクロスコープを使った微少な患部の治療
マイクロスコープとは、歯を拡大して確認できる高性能な顕微鏡のこと。 最大で肉眼の約20倍での処置ができるため、今まで発見できなかった微少な患部の判別が、簡単にできるようになりました。

歯科用CTについて詳しく知る

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」

という方、ぜひ当院までご相談ください。


トップへ » 当院の治療方針 » 根管治療(神経の治療) » 歯科用CT×マイクロスコープを使った高度な根管治療


コールバック予約

PAGE TOP