トップへ » 当院の治療方針 » 虫歯治療 » 削らなくても改善できる場合もあります

削らなくても改善できる場合もあります

虫歯治療患者さまの歯の状態にもよりますが、虫歯の中でも小さなものや、着色程度の穴がない状態なら、カリエス(虫歯)検査を行い、カリエスリスクが高いかどうか、下げられるかどうかを診断します。

削らなくても問題ないと判断した場合、SRP(ルートプレーニング)ポケット洗浄や、磨き方(つまようじ法)を習得し、実践していただきます。

SRP(ルートプレーニング)とは?
歯周ポケット内部にスケーリングだけでは除去できない歯石を特殊器具を使用して除去し、再び歯石が付着しづらいように歯の表面をツルツルにする治療法です。これを定期的に行います。

しかし、せっかくSRP(ルートプレーニング)で歯周ポケット内部の歯石を除去しても、正しい歯みがきができていないと、再発してしまいますので、定期的に通える方に最適です。


トップへ » 当院の治療方針 » 虫歯治療 » 削らなくても改善できる場合もあります


コールバック予約

PAGE TOP