トップへ » 当院の治療方針 » 虫歯・歯周病にならないためのケア » 【メンテナンスメニュー】歯ぐきの検査

【メンテナンスメニュー】歯ぐきの検査

患者さまの現在の状態を把握し、最も効果的なメンテナンスを提案いたします。

プロービング
歯ぐきの検査歯周ポケットの深さを測ります。この数値が大きいと骨がとけていたり、歯周病菌がすみついている可能性があります。

<歯周ポケットの数値>
1~3mm・・・良好 
4~6mm・・・骨の吸収のはじまり
7mm以上・・・外科的な処置が必要

また、良好な数値でも、歯肉に炎症があると出血が伴います。

歯ぐきの退縮
歯ぐきの検査骨がとけていたり、過度のブラッシングによって歯ぐきが痩せていないか調べます。

歯の動揺度
歯ぐきの検査骨がとけていたり、かみ合わせの力が強くかかりすぎると、歯の揺れが強くなります。

分岐部病変
歯ぐきの検査奥歯の歯根の間の骨がなくなっているかどうか調べます。


トップへ » 当院の治療方針 » 虫歯・歯周病にならないためのケア » 【メンテナンスメニュー】歯ぐきの検査


コールバック予約

PAGE TOP