トップへ » 当院の治療方針 » 小児矯正

小児矯正について

小児矯正

お子様の歯が生え始めたときに「あれ!?なんだか歯並びがおかしいかも・・・」と思われたら、まずは相談することをオススメします。小さいお子様の場合、あごの幅を大きくする取り外し式の装置を入れるだけで、問題が解決することがあります。

当院では小さなお子様から成人の方までの矯正を行っています。特にお子様の矯正が多く、子供の歯に比べて大きな大人の歯がきちんと並ぶように、あごの幅を広げる装置を作成しています。また、ワイヤー矯正中は歯みがきが難しいので、矯正の進み具合を確認するために来院いただくと同時に、歯みがき指導やクリーニングもしています。

取り外しができる床矯正

床矯正お子様の矯正では、あごの位置がずれている場合は早い段階でそのズレを直したり、あごが狭い場合は広げていくことで、中学生になって本格的な矯正をしなくてもほとんど治るケースがあります。

これはワイヤーを使った治療方法ではないため、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは装置をはずすことが可能です。この矯正法は床矯正(しょうきょうせい)と呼ばれます。

床矯正の特徴
●人に知られず矯正ができる
床矯正の最大のメリットは、取り外しができるため、人に知られないで矯正治療ができる点にあります。たとえば学校での写真撮影の日や、大切なイベントの日など、治療中であっても自然な笑顔を演出できます。矯正装置を付けていることによる、いじめの心配もありません。

●抜歯の必要がない
「矯正って歯を抜くんでしょ?」と思っている方はいませんか。一般的に、ワイヤーを使った矯正治療では、歯を並べるスペースを作るために抜歯をすることがあります。しかし、当院で使用する矯正装置は、歯の土台そのものを拡大することができるため、大切な歯を抜かなくても歯を並べることができます。

●虫歯・歯周病予防につながる
皆さんがよく目にするワイヤーを使った固定式の装置は取り外しができないため、ブラッシングがうまくいかず、虫歯や歯肉病になってしまう方がいらっしゃいます。しかし床矯正では、装置を取り外すことで、普段と同じようにブラッシングが可能です。

●矯正治療後の「後戻り」が少ない
機能的矯正では、歯を動かすのではなく、装置を使って顎骨の成長を正しい大きさへと促します。ですから、治療後、歯の位置が戻ってしまう「後戻り」がほとんどありません。ただし、ゆっくりと歯を移動してゆくので、ワイヤーを使った矯正に比べて時間がかかります。

小児矯正はいつからはじめる?

小児矯正お子様の永久歯が生え始めた時、「あれ?なんだか変な生え方をしているかも」と気付いたお母様が近所の歯科医院に相談すると、「大人の歯に生え変わるまで様子を見てください」とアドバイスされ、その後、中学生になって矯正歯科にかかったところ、「もっと早く受診されたほうがよかったですね」と言われてしまう、というケースがありますが、下顎前突や極度の叢生(そうせい)などは早期治療が常識になっています。

これらは早期に適切な処置を受ければより簡単に治せたケースです。最初の歯が抜けた時になんだか変かなと思ったら、早めの相談をオススメします。

近藤歯科では、矯正相談のみの受診も行っております。見た目が重なっているとか、歯の数が足りないみたいなど、歯並びがおかしいかも・・・ と思われたら、お気軽にお電話ください!


トップへ » 当院の治療方針 » 小児矯正


コールバック予約

PAGE TOP