トップへ » 当院の治療方針 » 根管治療(神経の治療)

根管治療とは?

根管治療

歯の根っこの悩み、トラブルを抱えている患者さまはいませんか?そんな方にお勧めなのが、当院の「根管治療」とよばれる歯科治療です。この治療をきちんと行えば、虫歯に侵されてしまった歯を助けることができます。

「根管治療」とは、死んでしまった歯の神経を取り除いた後、歯の根をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。神経まで及んでしまった虫歯を放置しておくと、最終的には抜歯となってしまいます。こうした状況を阻止し、ご自身の歯を残すことができるのが根管治療というわけです。

歯科用CT×マイクロスコープを使った高度な根管治療

根管治療を成功させるために必要なのは、ミクロン単位の高度な歯科技術。 一般的な歯科治療よりも、ずっと細かな作業が必要です。

デンタルドック歯科用CTを使えば、
歯の根の状態を正確に知ることができます

従来のレントゲンでは発見できなかった、歯の根っこの問題点の発見や、状態などを正確に把握できます。歯科用CT画像を使った正確な診断によって、根の病気の完治を目指しやすくなるのです。

ちなみに、日本に於けるその普及率はまだまだ低いのが現状です。しかしながら、当院では患者さまのメリットが高いと考え、導入をいたしました。

根管治療マイクロスコープを使った微少な患部の治療
マイクロスコープとは、歯を拡大して確認できる高性能な顕微鏡のこと。 最大で肉眼の約20倍での処置ができるため、今まで発見できなかった微少な患部の判別が、簡単にできるようになりました。

歯科用CTについて詳しく知る

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」

という方、ぜひ当院までご相談ください。

根管治療ではどんなことをするの?

根管治療虫歯の初期の状態では、歯を削って詰め物を入れれば、症状は改善されます。ところが、虫歯が神経にまで達し、炎症が起きてしまった場合、麻酔をして歯を大きく深く削り、根管治療を行う必要があります。

具体的な治療方法としては、歯の神経が入っていた部分(根管)を専用の器具を使い、きれいに洗浄します。薬を詰めた後、詰め物を入れます。この際、虫歯を完全に取りきらないと再発してしまいます。

根管治療には綿密な歯科技術が必要とされます。

もちろん治療前にはしっかり麻酔を効かせたうえで処理を行いますので、痛みはほとんどありません。


トップへ » 当院の治療方針 » 根管治療(神経の治療)


コールバック予約

PAGE TOP