トップへ » 当院の治療方針 » 虫歯治療

基本は歯を抜かない、残す治療

虫歯治療

当院では、歯を削る場所はできるだけ最小限に済ませ、残す方針です。通常、虫歯を削ったら金属を被せます。昔は、虫歯以外に金属が詰めやすいような形というのがあり、それに合わせて大きく削るのが、一般的でした。

現在は、詰め物である材料(レジン、プラスチック)が大きく進歩し、歯と詰め物をくっつける接着材の品質もよいため、大きく削らなくても詰められるようになりました。

昔の治療ということで言えば、被せてきたものが多いですが、実際に被せる必要があっただろうか?というケースもありました。例えば、部分的に自分の歯が残っていれば、残っている歯を活かして治療をすればいいのに、関係なく一律に全部削って被せるっていう治療も多かったです。

今では材料の向上により、クリーニング、清掃だけで十分くっつきます。

とはいえ、治療後のメンテナンスやケアが十分でないと、被せた内側で虫歯が進行しますので、当院では治療後のケア・メンテナンスを重視しています。

虫歯・歯周病にならないためのケア

全部かぶせるほうが実は簡単です
確かに、素留め的な治療の場合、詰めたところが外れやすい、二次カリエス(以前に歯科治療をしたところに出来る二次的な虫歯)ができやすいです。全て削って被せた場合、確かに外れにくくなります。しかし歯は弱くなります。

しかし、何度も外れても、面倒ですがまたそのたびにつけるという治療を行った場合、10年どうなるか?、ということを考えたら、全て削って被せるよりは、取れるのを覚悟で小さく詰めている方が歯は残ります。

当院では、長く歯を残したいのであれば、たとえ外れても、それはその時治せばいいと患者さまに説明しています。

削らなくても改善できる場合もあります

虫歯治療患者さまの歯の状態にもよりますが、虫歯の中でも小さなものや、着色程度の穴がない状態なら、カリエス(虫歯)検査を行い、カリエスリスクが高いかどうか、下げられるかどうかを診断します。

削らなくても問題ないと判断した場合、SRP(ルートプレーニング)ポケット洗浄や、磨き方(つまようじ法)を習得し、実践していただきます。

SRP(ルートプレーニング)とは?
歯周ポケット内部にスケーリングだけでは除去できない歯石を特殊器具を使用して除去し、再び歯石が付着しづらいように歯の表面をツルツルにする治療法です。これを定期的に行います。

しかし、せっかくSRP(ルートプレーニング)で歯周ポケット内部の歯石を除去しても、正しい歯みがきができていないと、再発してしまいますので、定期的に通える方に最適です。


トップへ » 当院の治療方針 » 虫歯治療


コールバック予約

PAGE TOP